スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うごいた!

090120-a



奥で光ってるのがレーザー送信機、手前のやつが受信機です。人を検知する部分は完成。

090120-b

入った人数と出た人数を数えられるようになってます。


仕組みは簡単で

1,奥のレーザー送信機からレーザー光を出し、手前の受信機で受信している状態にする
2,人が通ると遮られて受信機が反応する
3,センサは二つついてるのでそれらが遮られた順番でどちら向きに通ったか判別する

という感じです。

レーザーというのはざっくりと言ってしまえば「ものすごく一色な広がらない光」であって、普通のLEDでなくレーザーを使ったのは遠くまで受信させれるからです。
ちなみにレーザーメスなんかは精度の良いレーザー光をレンズで集めると光が1点に集まるので(普通の光だと厳密に一点でなく色毎にちょっとづつずれる。プリズムなんかと同じ原理やね。)そこが高温になって焼ききれる、という原理みたいです。

ついでにレーダーは電磁波を放射して跳ね返ってくるまでの時間を計ることによって物体までの距離を計測するシステムですね。



電子回路は出来たものの実際に黒板消しを落とすためのメカが難航中。モーターのトルクが足りないだとか反応速度が遅いだとか。どうするっかなー。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。