スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRシーカ

ヘリを作るに当たって、やはり丸腰では少々心許無く、何か武装が欲しい物です。

ということで赤外線誘導ミサイルでも作ろうかとIRシーカを作っていたのですが、なかなか難しいですね。

作ってみた物は、単にフォトトランジスタ(赤外線センサ)を左右に2つ、少し軸をずらして並べ、受信した赤外線が強かった方にターゲットがあると判断する、というものでした。これだと、20cmぐらいの距離であればターゲットの方向を判別できましたが、それより離れると赤外線の受信自体難しかったようです。

赤外線受光モジュールを使えば到達距離は問題無い程度まで離れることが出来ますが、受信できるデータが0/1の2値なので「どちらの光が強いか」というのが判別できないんですよね。


赤外線受光モジュールの受信可能距離は、なんであんなに長距離なんでしょう。
スポンサーサイト
コメント

No title

武装ってwwww何する気ですかwww

Re: No title

自衛ですww

つってもまぁ、積むのは精々ゴム鉄砲程度のものだと思いますよw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。