スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようするに

昨日のヘリはテストしてみたところ結局飛ばなかったわけです。

パワー、安定性どちらも不足している模様。
つーことで今後の方針に多少困っております。


パワーに関しては、頑張ればもうすこしで足りそうな気配も無くはないです。
上手いことモーターに電圧をかけてやれば、ちょっと浮きそうなところまで行って倒れるところまではいっています。「上手いこと」とか言いつつ、定格2.4Vのトルクチューンモーターに6Vぐらいかけてるんですけどね。完全に過電圧です。モーターの寿命は確実に縮んでる。
推力がどの程度出てるのかとか、2つのプロペラで推力の差はあるのかとか、飛ぶのに推力がどのくらい足りないとか、そういうのを調べたいので電子天秤とか欲しいところです。


安定性ですが、スタブの動きが微妙です。回転数を上げると振り子のように振動しだすのはスタブによるフィードバック制御のゲインが高すぎるためでしょうか。

スタブの重りの重さを調整しながら色々やってみればいいのですが、スタブ付きだとプロペラが遠心力で吹っ飛んだので、その恐怖から現在スタブ無しになっています。まぁ遠心力に強い設計でなかったので、吹っ飛んで当然だったのですが。スタブ付きのプロペラは遠心力に強い設計に作り直そうと思います。


誰か、電子天秤寄付してくれ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。