スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛びました

100428.jpg

暫く記事を書いていませんでしたがどうもこんにちは。

翼の大きさやらを理論から計算して設計してみたペットボトルロケットを投げてきました。
結果から言うと、以前のものと較べて性能は大きく改善している感じです。
一番特徴的だったのは、減速が少なく、飛距離が伸びたこと。
これは翼の大きさを最低限のものにしたことや、アス比の大きい、細長い翼にしたことの効果ではないかと思われます。
また、旋回性ですが、必要最低限の旋回性は確保できていそうです。これは翼の厚みを大きくした効果でしょうか。

翼の形にや大きさに関してはこの形で決定、という事にしてよさそうです。
一番難しそうなセンサー部がまだ放置なのが気になるところではありますが。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。