スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近色々手を広げすぎな感じもしますが

100504.jpg

ストロボチューナーの実験をしております。

ストロボチューナーには、実際に円盤を回す型と、LEDを用いて擬似的に回転を再現する型の2種類ありますが、それらを比較した時の利点と欠点を以下に。
ちなみに、液晶やLEDを用いて表示だけストロボっぽくしたもの(バーチャルストロボとか呼ばれているみたいです)もありますが、それは無視する方向で。


円盤型の利点
・昔ながらの本家ストロボ。かっこいい。
・倍音まで一度に表示できる。LED型でもできなくはないけど、多分見づらい&無駄に大規模に。


LED型の利点
・基準周波数の高精度化が簡単。
・回転のコントラストがはっきりして、明るい場所でも見やすい。


といったところでしょうか。


んでまあ、両方作ってみた訳ですが、どっちもうまくいきませんでした。

まず、円盤式の方ですが、円盤の回転数の安定化が非常に難しいです。
PLLで周波数をロックすることすら出来ず、発信させてしまいました。まあ、これに関してはPLLの設計をもっとちゃんとすればどうにかなる問題かと思います。
で、その点をクリアしても、普通の直流ブラシモーターに円盤を付けただけでは、一定の電圧を加えても回転数のふらつきが結構あるようです。回転数の誤差は0.1Hz程度を目標にしていますが、確か0.5Hz程度ふらついていたように思います。原因は、ブラシモーターのブラシの部分、それと円盤の工作精度の影響で振動が発生し、それがふらつきの原因になっているのではないかと考えられます。


次に、LED式の方ですが、こちらは光の流れ方があまりなめらかになりません。特に光の流れ方が遅い時にそれが顕著です。
原因は、LEDの光量ははなめらかにながれているものの、人間は指数で明るさを感じるためでないかと思われます。
つまり入力に対しLEDの光量を指数的に変化させてやる必要があるようです。
LEDのV-I特性を上手く使えばなんとかなりそうな気もしますが、保護抵抗とかオフセットとか、そういうのを考えていると回路規模が無駄に大きくなりそうであんまりやりたくないです。IC一個で電圧を指数に変換してくれたりとかあればいいんですけどね。


で、円盤式、LED式どちらも音の入力をどのように扱うかについてはまだ放置したままです。
コンパレータを通すかとかアナログのまま電圧でLEDを光らせるかとか、色々やり方はありそうです。


文章が無駄に長く、イマイチまとまってませんがそれでは。
スポンサーサイト
コメント

No title

なにいってるかわからないけどがんばれ

Re: No title

ぶっちゃけ説明下手だけどがんばる。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。