スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイズとの戦い

101215.jpg

どうもこんにちは。暫く更新をさぼってしまいました。

現在赤外線誘導ペットボトルロケットのIRシーカーを作成中です。前回作ったものは蛍光灯の光を拾ってしまい、ターゲットの方向を検知できていませんでした。前回の反省から、今回はターゲットとなる赤外LEDをある周期で点滅させ、その点滅を感知するように変更しました。


検出回路は

フォトトランジスタ->
トランスインピーダンス回路->
一次ハイパスフィルタ->
二次ローパスフィルタ

となっています。


ターゲットの光をフォトトランジスタで拾っているのですが、フォトトランジスタの出力は微弱なため、増幅しなくてはなりません。
そして微小信号の増幅はノイズとの戦いです。
現在、ターゲットとの距離が1mを越えたあたりで信号よりノイズの方が大きくなっています。
あと一桁か二桁ぐらいノイズが小さくなれば使い物になるのではないかと思われます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。