スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sim

20120130.png

今回は遂に新型の機体の話だと思った方残念!あなた騙されちゃったの。

ってことで新型の機体の紹介までにもう一つ。
前作った機体は軌道がやけにぐねぐねしていましたが、ウェザーベーンを作ればそれを解消できるかも・・でも本当にウェザーベーンで命中精度良くなるのかよくわからないしウェザーベーン作るの大変だし・・・

ってことでとりあえず簡易シミュレータを作ってどういう制御にすればどのぐらいの命中精度が得られるのかを検証してみることにしました。今日の画像は作った簡易シミュレータの画面です。
あくまで簡易シミュレータなので、色々な物理現象が簡略化されていますが、ちゃんと飛行機的な動きを再現してくれます。


でまあ、結論から言いますとウェザーベーンはあってもなくても命中精度は大して変わりませんでした。
機体の重さや翼の大きさを変えながら色々な制御を試してみた結果、ウェザーベーン作ったりするより、翼を大きく、重量を軽く作った方が命中精度や射程距離が向上するという結果になったため、「なるべく軽く、そして翼を大きく」の方針で機体設計をすることになりました。

次回こそは遂に機体の紹介をしたいと思います(フラグ)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。