スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近気になるもの

どうもお久しぶりです。

最近は発展型赤外線誘導ペットボトルミサイルの制作に向け、使えそうなパーツを選んだりしています。
その中で色々と気になるアイテムを見つけたので、折角なので紹介しておこうかと思います。

ということで第一弾、アナログ・デバイセズの11軸慣性センサ、ADIS16488です。


アナログ・デバイセズ公式サイトの製品紹介ページ

EDN Japanでの製品説明


慣性センサというのは、加速度、回転速度、地磁気等を検知して自身の姿勢や運動を検知するためのセンサで、
以前制作したペットボトルミサイルにも搭載されています。
で、この製品の注目すべき点は価格の割にジャイロの精度が非常に高いところ。

ここでジャイロの方式について少し説明します。ジャイロには色々な方式がありますが、
よく使われるものには以下の3つがあります。

1.リングレーザージャイロ:めちゃくちゃ精度が良い。でもすごく高い。
2.光ファイバジャイロ:結構精度が良い。結構高い。
3.MEMSジャイロ:そこそこの精度。小型軽量で安い。

で、この慣性センサのジャイロはMEMSジャイロで光ファイバジャイロクラスの精度を達成したといういもの。
値段もDigi-keyでいっこだけ買った場合に15万円とまあ高いけど、光ファイバジャイロと比べればめちゃくちゃ安い。そしてMEMSらしく小型軽量なので空を飛ぶ用途にはぴったりな訳です。


とは言うものの、現状ペットボトルミサイルの慣性航法装置にそこまでの精度は必要無いので使いませんけどね。
でもこれ使って慣性航法ユニットつくるぐらいはやってみたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。