スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A10

さて、エヴァですね。エヴァですよ。破です。

とはいうものの、僕はまだ序も見ていない軟弱者ですが。

軟弱者ではありますが、今回は初代のアニメについて多少のネタバレを含むかもしれないので、初代をまだ見ていない方は続きを読まない方が良いかもしれません。
といっても、大したネタバレでもないのですがね。

今日はA10神経の話です。
A10神経というと、エントリープラグ挿入後、「A10神経接続開始!」とか言ってるアレですね。

そのA10神経の実態は、ぐぐっていただければわかるとおり、快感を司る神経です。A10神経の刺激によって得られる快感はすさまじいらしく、例えばラットのA10神経に電極を差し、ボタンを押すと電極に電気がながれるようにする、そしてそのボタンをラットに渡してみる、という実験をすると、ラットはひたすらボタンを押し続け、中にはエサも食べずにボタンを押し続けそのまま餓死する個体まで出てくる程だそうです。

更に、この神経を利用し、「右に曲がったらA10を刺激してあげるよ!」という情報を提示してやると、ラットは右に曲がり、「左に曲がったら!」とすると左に曲がる、つまりラットを操作することができるようになる、という研究があるそうです。(ラットではなく昆虫だったかもしれない。)

で、このA10神経、今まではなんとなくチルドレン側に繋いでいると思っていたのですが、実際はエヴァ側のA10に接続してるんでしょうね。恐らくそれによってエヴァを操縦しているのではないかと思います。

レイの「それはとても気持ちの良いことなのよ」もA10関係から出てきた言葉なのかしらん。勿論セクロスの意味も含んでいるんだろうけど。



ところで、このA10神経は恋をしたときにも刺激されるようですよ。
スポンサーサイト
コメント

No title

エヴァは見てないのね・・・
誰かちょっとそのボタンかして

Re: No title

今日序のDVD借りてきました。テレビ持ってないので。
ボタンを使うためには脳に電極を刺さないとダメです。でも死ぬ直前に一回やってみたいなぁ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。