スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stable stable

090818.jpg

ネジがたくさんついてると、メカメカしくてなんだかかっこいい。
ヘリの新しいプロペラを作りました。前回の反省を生かし、今回は仮設スタブウイング付・プロペラ軸へネジで固定可です。ちなみにネジの付いた白い板がスタブウイングね。

スタブウイングの仕組みとか役割とかは過去の日記を参照してください。

実際に回してみると、本体をちょっと傾けるとスタブは少し遅れて傾くのが観察でき、また傾くのを防ぐ向きに力が働きます。
またうまいこと調整すれば、安定性・揚力もそれなりで、3Vで2A程度流せばトルクチューンモーターで十分な推力が出そうです。電池を一緒に積めるかはやっぱり微妙な感じですが。

ですがまだ問題も。
まず、土台になっているギアのプラスチックの部分は平らだと思っていたのですが、少したわんでいるようで、ネジをきつく締めるとスタブの軸に力がかかり、スタブが上手く動かなくなります。かといってネジをゆるいままにしておくと、すぐに緩んできて外れてしまいます。土台のパーツを他に探すか、今使っているギアを調整しないといけないようです。

また、スタブも効果が十分ではなく、少し傾きにくくなった程度で一度傾いた姿勢を元に戻す力は無く、安定性を確保するためにはスタブの効果を強くするかプロペラブレードに上反角をつける必要があるようです。

ついでに言うと、ブレードも作り直したいし、スタブウイングもあくまで仮なので、結局のところ、プロペラはまた作り直し、ということのようです。

完成すんのかなぁ、これ。
スポンサーサイト
コメント

自分がそうだった

案外、完成しないほうが長く楽しめるかもな。
プラモみたく

Re: 自分がそうだった

積んじゃいますか。
とは言うものの、僕はやっぱり完成の瞬間が大好き派です。他に作りたいものも沢山ありますしね。

でも、一番わくわくするのは、作ってる途中や完成の瞬間よりも、買って帰る時ですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。